旅行を存分に楽しむために知っておいたほうが良い情報

Japan_tourism

体と心の疲れを取る

温泉旅館の今後の動向

温泉旅館が流行ったのは高度経済成長期からバブルの頃にかけてです。国の経済が上昇していく中で、人々は娯楽に使える時間とお金の余裕がありました。 旅館やホテルは当時観光客は家族連れや個人旅行がターゲットではなく会社の社員旅行などの団体旅行が主なターゲットだったのです。 現在でもある程度大きな旅館やホテルには宴会場やスナック、カラオケがあるのは団体旅行客用に作られたものです。 さらに景気は上向くだろうという読みの甘さで、旅館やホテルを増設をして大きな借金を抱えるようになりました。 1992年には景気が下向きになり、それまで増設を重ね借金をした旅館やホテルは返済することができなくなったのです。今でもバブル当時の借金に追われている旅館やホテルがまだまだたくさんあるということです。

旅館やホテルに泊まるのに注意するべきこと

こういった背景から温泉旅館やホテルは、その時代に合わせて変化をしなくてはならなくなります。団体客が少なくなったことで経営は悪化していきますが、その分家族連れや4,5人の客をメインに運営していく方向になっています。 温泉旅館やホテルに泊まる場合には口コミや評判などを参考にするのがいいでしょう。ホームページやパンフレットなどで見る温泉旅館やホテルはとても良い映りになっています。そのため一見すごそうな温泉旅館やホテルでもいざ行ってみるとがっかりということもあります。 ただ、口コミ・評判を見ても基本的にはそこに泊まった人の主観でしかありません。すべてを鵜呑みにするのは危険です。あくまで参考にとどめておくのが良いでしょう。

Copyright (c) 2015 旅行を存分に楽しむために知っておいたほうが良い情報 all reserved.